下級生の作品をより面白い作品にするためにインタビューしながら添削する!という実践を通じて「編集」を学びます。

[5年生]T5-2 " /> 下級生の作品をより面白い作品にするためにインタビューしながら添削する!という実践を通じて「編集」を学びます。

[5年生]T5-2 "> 下級生の作品をより面白い作品にするためにインタビューしながら添削する!という実践を通じて「編集」を学びます。

[5年生]T5-2 "> 作者の意図を読みとく – 東京コミュニティスクール

特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール

東京コミュニティスクール

03-5989-1869

school@tokyocs.org

〒164-0001

東京都中野区中野1-62-10

東京コミュニティスクール

作者の意図を読みとく

タイトル:Dear Editor
探究領域:意思表現
セントラルアイディア:「編集によって情報の価値は変わる。」

[5年生]

いつでも、どんな場面でも、何か「情報」を受け取ったときに私たちは、無意識のうちに自分たちなりの「編集」をして「情報」を受け取ってしまうことを知りました。文章や映像を「編集」するのは「意識的」な作業。しかし、そこに「無意識の編集作用」が影響してしまうのです。したがって、私たちは「無意識の編集作用」を「意識」して、質の高い「編集」を目指さなければなりません。

とはいえ、「編集」どころか、自分で意識的に文章を書くのもやっとな小学生に、いきなり「質」の高い「編集」を「意識」しろ!と言っただけでできるようになるわけがありません。では、こういうやり方で「編集」しろ!と「手法」を教えれば編集できるようになるかと言えば、それも無理。

じゃあどうするのよ?

はい、だから他者の「作文」を編集するところからスタートするのです!

IMGP2241.JPG  IMGP2242.JPG

自分たちも含めて、TCSキッズ 37名の「作品」を5年生4名で分担して「編集」するには、一人あたりだいたい9作になります。これは結構な「量」です。

「good & better が編集の基本だよね!」

「編集」の根本にある思想から伝えます。「編集」は、「ふりかえり」の一種ととらえることができます。書いたものを読み直して、つまり、ふりかえって、何を書こうとしたのか、それが伝わる書き方になっているか「ふりかえり」ます。その時にまず頭に入れておかないといけないのは「good & better」ということ。ロジカルライティングではなく、面白い物語を紡いだ文章に手を入れるのですから、ただ言いたいことを伝わりやすくすればいいわけではありません。まず、面白さを見つける!面白さとは自分が読みたい!と思うこと。次に、その面白さと書き手の個性とをつなげてみる。今回の書き手は、毎日、ともに生活している、勝手知ったる仲間です。

「あいつらしいなあ!」

という特徴が出ているところは活かさなければなりません。その good な部分が、うまく表現しきれていないとき、どう修正したらよいか、それが better。仲間の作文を読み。ともに「編集作業」をすることからスタートです。

IMGP2244.JPG  IMGP2252.JPG

書かれた作文だけでは言いたいことや意図がわからないので、空いている時間に「小さな作家先生」にインタビューです。

自分の作文を添削されても、すっと流しがちなのに、他者の、それも下級生の作品となると、「面白くするもしないも先輩たる自分たちの腕にかかっている」という、強烈な「使命感」がわきでてくるから不思議ですね。写真からわかるように、編集する方もされる方もみなすごく集中しています。

もちろん事前に子どもたちに「編集のコツ」もアドバイスしてあります。大きなポイントは2つ。

① 文章の3大要素である「会話」「心情」「情景」のバランスは?

② ストーリーを展開させる順序をどうするか?、さらに、ストーリーを面白く展開させるために欠けているピースがあるとしたらそれはどんなピースか?

この2つのポイントを頭に入れてインタビューし、書ききれていない「思い」を引き出します。いつも「書く」の学びのときに指摘されているポイントですから、彼らにとって耳新しいアドバイスではありませんが、他者の作品を添削する立場で実践するとなると、また全然意識が異なるようです。

傍目八目

ということわざがぴったり。自分の作品を読み直してもなかなか気づきにくかったことが、他の人の作品をふりかえると見えてくるのです。

「わあ、会話しか書いてないじゃん」
「いきなり終わっちゃった。ここで切れちゃうの」
「最初からネタバレじゃん。最初は謎めいて、最後にバーンとわかる方がいいよね」

正直、あまりうまくない文章、欠点だらけの文章だから、いろいろはっきり見えてくるのです。と同時に、そんな文章を俺たちの手で面白いものにつくりかえてやるぜ!という「意気込み」があるから、先生だったら、本音で言えば、わあ、これ読みたくないな〜なんていうような文章も、しつこく、丹念に、相手の思いを探るべくインタビューし、面白い作品に仕立てあげようとするのです。

IMGP2253.JPG

先生から声がかかったときは「あっ……忘れちゃった!」という子が数人は出るのに、先輩から頼まれたら、全員が期限までにきちんと提出してしまいました。そのうえ、先輩に直してもらえばいいや!ではなく、自分でもなるべく「編集」しておきたいという意識が出てきて、写真のように、いつも以上に真剣・集中・没頭の「編集インタビュー」です。これぞ「相乗効果」です。

着々と作業をしていますが、そもそも作業量が膨大。あっという間に2週間経過。Dear Editor チームの全力疾走は続きます。

RI

TCS2016年度探究テーマ一覧は、こちらよりご覧ください。

Comments are closed.
アーカイブ