特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール

東京コミュニティスクール

03-5989-1869

school@tokyocs.org

〒164-0001

東京都中野区中野1-62-10

東京コミュニティスクール

「ハイ!テック」G5G6テーマ学習 レポート1

【学年】 5年生 6年生
【探究領域】万象究理
【セントラルアイディア】アイディアは時空を超えて再現できる。

<テーマ学習レポート>
「面白い」って何だろう?[テーマ『ハイ!テック』(G5-6)]

テーマ学習「ハイ!テック」では、「アイディアは時空を超えて再現できる。」というセントラルアイディアを、コンピューターゲームを作って直して試行錯誤する中で、面白さと使いやすさを追求していくなかから感じ取り学びます。

1週目のハイ!テックの学びは、まず「面白さってなんだろう?」を考えるところから始めます。

3つのチームに分かれて、それぞれのチームで「自分が面白いと思うこと」「他の人が面白いと思っていること」を主語と述語の形にしてポストイットにできるだけたくさん書き出していきます。

そして、各チームの模造紙にどんどん貼り付けていきます!

Aチーム

Bチーム

Cチーム

それぞれが貼り付けられたら、似ているもの、近いものを模造紙の上で整理していきます。そしてどんな集まりがあるかを明確にしていきます。
この面白さはここに近いかな?うーん、これでまとめられそうだぞ?

ということで、模造紙の上でどんどんまとめてカテゴリーを作っていきます。

Aチームは、「勉強」「スポーツ」「キャンプ」「ともだち」などの要素が出てきました。

Bチームは、「スポーツをしている時」「見ている時」「作っている時」「からかう」「TCS」などの要素が出てきました。

Cチームは、「体を動かす」「見た目を変える」「癒される」「自作ゲームをつくる」など面白さの要素があぶり出されました。

次回はここであぶり出された「面白さ」の要素を元にしてそれぞれでアイディアを出し、プロトタイピングを行います。

これらの要素がどんな具体的なゲームに落としこまれるのでしょうか?

TY

——
(参考) TCSテーマ学習については、以下よりご覧ください。
2018年度プログラム_基本形テーマ学習一覧表_実施版

Comments are closed.
アーカイブ