早くもテーマ学習も2週目に入りました。 人に話を聞くことで、今まで「?」だったことが、「!」に変わる瞬間。 「聞く」という観察が、様々な人々の生活の姿をあぶりだします。

[1年生]T1-2

" /> 早くもテーマ学習も2週目に入りました。 人に話を聞くことで、今まで「?」だったことが、「!」に変わる瞬間。 「聞く」という観察が、様々な人々の生活の姿をあぶりだします。

[1年生]T1-2

"> 早くもテーマ学習も2週目に入りました。 人に話を聞くことで、今まで「?」だったことが、「!」に変わる瞬間。 「聞く」という観察が、様々な人々の生活の姿をあぶりだします。

[1年生]T1-2

"> 「?」が「!」が変わる瞬間… – 東京コミュニティスクール

特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール

東京コミュニティスクール

03-5989-1869

school@tokyocs.org

〒164-0001

東京都中野区中野1-62-10

東京コミュニティスクール

「?」が「!」が変わる瞬間…

タイトル:「紅葉山」見っけ隊
探究領域:時空因縁
セントラルアイディア:「場の観察から私たちの生活が見えてくる。

[1年生]

1年生たちが入学してから、早くも2週間。
テーマ学習も2週目に入りました。

今週も、先週に引き続き、TCSから徒歩3分ほどのところにある紅葉山公園で、それぞれが「?」「!」「もやもや」を発見するべく、隊員たちは毎日元気に探検にくりだしました。

IMG_0608.jpg

先週は30コたらずの「みっけ!」が、今週の木曜には70コを超え、1年生たちも「100コ見つけよう。おー!」と気合十分です。

中にはこんな「みっけ!」もありました。
『きのうは、この砂場走りやすかったのに、今日は走りにくいのはなんで?あ、きのうは晴れていて暑かったけど、今日は曇りで涼しいから、天気と気温が関係してるのかな?」

IMG_0615.jpg

今週は、先週の「みっけ!」をじぶんたちで発見するだけでなく、公園に来ている人たちに「なんでこの公園に来たのか?公園のどんなところが好きなのか?」をインタビューするという任務も増えました。

どきどきしながら、恐る恐る子供たちは、公園でそれぞれの営みをしている人たちに話しかけていました。
インタビューの結果、こんな公園の人の声を聞くことができました。

本を読んでいたお兄さん:「最近このあたりに引っ越してきました。お休みの日はよくこの隣にある図書館にきます。さっきそこで『鉄の本』を借りてきて、ここで読んでいるんだよ。」

ベンチに座っていたお姉さん:「この近くのスポーツクラブに通っています。月〜水曜日は、外にも走りに来て、よくこの公園で休憩しています。」

ダンスをしていた5人組のお兄さんたち:「来月の終わりライブに向けて、ダンスの練習をしているよ。僕たちはお笑い芸人で、お金がないから、公園で練習しているの。公園はタダで場所が使えるからね(笑)」

こどもたちは、どんな人が、同じ公園をどんな使い方をしているのか、その違いに驚きを受けていました。
インタビューはまだまだ続きます。
公園を使いに来ている人たちだけでなく、『公園の人』(警備員さん)にもお話しを聞くことができました。
先週「みっけ」た、『ありがとうございます』と書かれているシールが貼られた、通称『ありがとう橋』について、なぜそんなシールが貼られているのか、その真相を聞くべく、質問をしました。
すると、こんな返事が返ってきました。

公園の人:「あ。ほんとだ!みんな、いつも綺麗に公園を使ってくださって、ありがとうございます、っていうことだと思うよ。」

IMG_0630.jpg

TCSキッズ:「あ〜〜〜!やっぱりそうだったんだね!!!」

人に話を聞くことで、今まで「?」だったことが、「!」に変わる瞬間。
「聞く」という観察が、様々な人々の生活の姿をあぶりだす。
着実にセントラルアイディアである、「場の観察から私たちの生活が見えてくる。」に近づいていることを実感しました。
そんなアクティブな学びの醍醐味を味わった1週間でした。

ES

TCS2016年度探究テーマ一覧は、こちらよりご覧ください。

Comments are closed.
アーカイブ