ものの見え方・考え方を「広げる」ためにはどんな「ことば」が必要でしょうか?ふとした時に思いとどまったり、自分を励ましたりする「口癖」を考えてゆきます。

[2年生]T6-6

" /> ものの見え方・考え方を「広げる」ためにはどんな「ことば」が必要でしょうか?ふとした時に思いとどまったり、自分を励ましたりする「口癖」を考えてゆきます。

[2年生]T6-6

"> ものの見え方・考え方を「広げる」ためにはどんな「ことば」が必要でしょうか?ふとした時に思いとどまったり、自分を励ましたりする「口癖」を考えてゆきます。

[2年生]T6-6

"> 自分に言い聞かせることば – 東京コミュニティスクール

特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール

東京コミュニティスクール

03-5989-1869

school@tokyocs.org

〒164-0001

東京都中野区中野1-62-10

東京コミュニティスクール

自分に言い聞かせることば

タイトル: 目からうろこ
探究領域: 自主自律
セントラルアイディア:私たちはみな、違う世界が見えている。

[2年生]

先週からずっと「ものの見え方・考え方MAP」を作りこんでいるキッズたち。
今週はここで出てきた自分のものの見え方、考え方をどのようにすれば「広げる」ことができるか、そのための「口癖」を考えます。

そもそも自分の考え方・見え方を「広げる」とはどういうことなのでしょうか。
一人で自分のものの見え方、考え方を広げることはできるのでしょうか?
テーマ「目からうろこ」の序盤では「目はどのようにものを見ているのか」について知ったり、体感しました。その中で「盲点」や「錯視」というキーワードが出てきました。

人間には、自分の「見えないところ」や「見ていても歪んで見えているところ」があります。
そして、より抽象的に自分のものの見え方・考え方には度々「盲点」があったり、「錯視」が起こってしまいます。

そんなことを理解しているだけでも、他の人のものの見え方、考え方を「取り入れよう」という意識は高まってゆきます。

まず、週末のホームワークで考えてきたファーストバージョンをみんなの前でまず披露します。

それぞれがまず、ものの見え方・考え方をピックアップしその見え方を広げるための「口癖」を披露します。

・「わからないところ、質問したいところ」
・「自分だったらこんな見方をする」
・「こんな見方・考え方もあるんじゃないか」

そんなことをフィードバックしてゆきながら、自分の見え方を広げる「ことば」を磨いてゆきます。

自分の頭の中からたくさんのアイディアを出しながら「ことば」を磨いてゆくには必然的に時間がかかってしまいます。
そんな時間のかかるプロセスをギリギリまでじっくりとおこないます。

2015_T6_G2_scaledrop_W6_01.jpg
2015_T6_G2_scaledrop_W6_02.jpg

2015_T6_G2_scaledrop_W6_03.jpg
2015_T6_G2_scaledrop_W6_04.jpg

2015_T6_G2_scaledrop_W6_05.jpg
2015_T6_G2_scaledrop_W6_06.jpg

つくっては壊し、考えては崩し、「試行錯誤」を行い続けてことばを磨いてゆきます。
なかなか大変でもあり楽しくもあるプロセスにひたすら取り組んでゆきます。

今週末はプレゼンテーションです!自分のものの見え方・考え方MAPを披露し、その見え方を広げるための「口癖」を発表します。
自分の見え方・考え方が固まっちゃったな、広がらないな、というときにふと立ち止まって使える「ことば」にはどのようなものがあるのでしょうか!楽しみです。

TY

TCS2015年度探究テーマ一覧は、こちらよりご覧ください。

Comments are closed.
アーカイブ