特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール

東京コミュニティスクール

03-5989-1869

school@tokyocs.org

〒164-0001

東京都中野区中野1-62-10

東京コミュニティスクール

「 To Be or Not To Be」3年4年生 テーマ学習 〜レポート

 

【探究領域】自主自律
【セントラルアイディア】多様な選択肢からの意思決定が道を拓く。

<テーマ学習> 〜レポート

<Week 1>

今回のテーマ「To Be or Not To Be」は、世界で一番有名な劇、シェイクスピアのハムレットという劇中の、一番有名なセリフからきています。

どういう意味だろう?とキッズに問いかけると、

Aさんが、「「Be」は「ある、いる」という意味だから、「そうあるべきか、そうあるべきでないか」ということなんじゃない?」と答えました。

また、Mくんは、「「To Be Continued」ってゲームで出てくるよ。「続けるか、続けないか」ということなんじゃないかな?」と閃きました。

他にも数名考えを出してくれましたが、みなとても良い発想をしていました!

実際、ハムレットの日本語版で、このセリフは「生きるか、死ぬか」「存在すべきか、存在すべきでないか」「このままでいいのか、いけないのか」など、色々な訳され方をしています。

「するのか、しないのか?」

「そういう、どちらか選択しなくてはいけない場面で悩むことってあるよね?」と問いかけると、みんな こぞって「うん、うん!」と頷きます。

そこで、今までに迷ったことを思い出して、どんなことで悩んだのか、どんな決断をしたのかをそれぞれ用紙に書き出し、4人チームでシェアをしてみることにしました。

 

「どんなことがあったかな〜?」

 

 ・家に帰ってゲームをするか、勉強をするか
 ・好きな子に告白するかどうか?
 ・ミラハイに出るか、出ないか?
 ・劇の主役をしてみるかどうか?

など、様々な迷った経験が挙がりました。

 

そして次に、その判断をした「決め手」はなんだったのか?ということを考えてみました。すると、

 ・ルールだから
 ・自分がやりたいから
 ・人の迷惑になるから
 ・人にどう思われるかを考えたから
 ・怖いから
 ・ムカつくから
 ・もったいないから

など、色々な理由が、その行動を選択する上で決め手となった「判断基準」として出てきました。

「To Be or Not To Be」では、この「判断基準」を深掘りしていきます。

 

次に、このテーマのセントラルアイディアは、「多様な選択肢からの意思決定が道を拓く」だと発表し、その意味を考えてみました。

 

特に、道を拓くの「拓く」と普段よく使う「開く」の違いに着目し、「「開く」は物理的なもの(ドアなど触れるもの)に使い、「拓く」は未来など物理的でないものに使うのではないか?」

「「拓く」は、自分で作って変えていく感じがする。」

など、良い考察が出てきました。

そして、このテーマの探究領域は何になるのだろう?と予想を聞くと、すぐさまIさんが「C.I.の内容からして、自主自律じゃない?」と当てることができました。
*C.I.:セントラルアイディア

さすが、TCS4年生ともなるとお見通しのようです!

 G1:「I am Special, YOU are Special.」
  C.I. :私たちはかけがえのない存在である。

 G2:「感感学学」
  C.I. :我感じるゆえに我あり。

 G3&4:「体に栄養、心に栄養」
  C.I. :栄養は生きる営み。

これまでにやってきた「自主自立」のテーマをふりかえり、どんなことを探究したかおさらいしてみると、

 ・G1は見た目の違い

 ・G2は五感での感じ方の違い

 ・G3は体や脳の違い

ということが挙がり、今回のテーマは 選択の仕方、つまり「考え方」が人それぞれ違い、それによって個性が生まれるということではないか?と推察することができました。

その通りで、まずは自分がどのような考え方をして行動しているのかを認識し、課題があればBetterにしていくきっかけとする。また、自分と他者の考え方は違うことを知り、それを認められるようになっていく。ということが目標です。

そのために このテーマで発揮してほしいSpiritは3つ。

 ①Resilience:自分の行動をふりかえるから、辛いこともある。どれだけ自分と向き合えるか。

 ②Ownership:人ごとではなく、いかに自分ごととして考えられるか。

 ③Confidence:自分と違う考え方を認められるか、信じられるかどうか。

→このテーマは、自分の失敗した行動などについて突っ込んでいくため、キツイこともあります。毎回、絶対泣く人が出るそうです。

しかし、そこで逃げずにこれらのSpiritを発揮して自分に向き合って考えることができると、とても成長できるテーマです。

なので、自分に向き合って頑張ろう!とキッズと話しました。

<Week 2>

選択を悩む代表例として知られるのが、「トロッコ問題」です。

 

 

自分が人の運命を変えられる立場になった時、何を「判断基準」にして選択するのか?ボタンを押すか押さないか、意見は半々くらいでした。

 

ケース2は、線路Bにいる人が親友の場合どうするか?

もし親だったら選択は変わる?と、少しシチュエーションを変えて考えてみました。

 

ケース3は、ボタンを押すのではなく、太った人を橋から落としてトロッコを止めるかどうか?

こうなると、自分で人を突き落とすことになるので、自分の罪になるのではないか?という意見も出てきてトロッコを止めると回答する人数は減りました。

ケース1、2、3で選択が変わったか?「判断基準」が変わったか?

似ているところ、違うところは何だったか?という風に、視点を変えながら考え、話し合いを進めました。

トロッコ問題は正解のない問題なので、絶対にこっちが正しい、こっちが間違っている、ということがありません。なので、それぞれの考えが違うことを認め、自分はこう思うけれども、他の人がどうして違う意見なのかと理解しようとする良いアクティビティとなりました。

 


「半パン・デイズ」

次に題材として取り上げたのは、今年度の初めに課題図書で読んだ「半パン・デイズ」です。物語の中で登場人物が迷い、葛藤しながら決断する心境や、その時の判断基準が何だったかということを検証しました。

また、「多様な選択肢」として、他にどんな選択肢があったのかということも挙げていき、自分だったらどの判断基準で、どの選択をするか?と考えてました。

第1章では、練馬に引っ越す向かいの家の子に、「練馬から海は近い」と嘘を言ってしまったことを、訂正したかったのにできなかった主人公ヒロシの心境について想像してみました。

嘘をついてしまったこと、自分が悪いと思っても素直に言えなかったこと、謝れなかったことなど、共感できるエピソードがふりかえりで多く出てきました。

また、この話し合いの後に、「親に謝れていなかったことや嘘をついて隠していたことを正直に言って謝った。」と自主的に行動した子もいました。心の中で引っかかっていたことが解決され、行動に移して良かったとスッキリした顔で報告してくれました。

第5章では、身体が不自由なタッちんを送り続けるか、送るのをもうやめるか、というヒロシの葛藤について。

第7章では、万引きをしようと誘う田原と、やらないと決めたヒロシの狭間で揺れる栗本の心境を話し合いました。

以前あったRくん、Hくん、Oくんのクレーンゲーム事件に状況が酷似しており、「やめた方がいい」と言って参加しなかったIくんと、誘いに乗ってしまったTさんの情報も本人達から出てきて、その話題で盛り上がりました。

 

 

 

KH


(参考) TCSテーマ学習について、以下よりご覧ください。
2023年度 年間プログラム(PDF)運用版
テーマ学習一覧表(実施内容)

 

Comments are closed.
アーカイブ