特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール

東京コミュニティスクール

03-5989-1869

school@tokyocs.org

〒164-0001

東京都中野区中野1-62-10

東京コミュニティスクール

「顔にかいてありますよ」1年2年生 テーマ学習〜レポート

 

 

【探究領域】意思表現
【セントラルアイディア】人の心は表情と仕草で表現される。

テーマ学習 レポート
  <心を表す表情と仕草(form)>

18人の1・2年生クラス「学学学ビーズ」。前のテーマ学習は学年ごとでしたが、今回はクラスで学んでいきます。私たちがどうしたら気持ちや考えをわかり合えるのかを考えていく、意思表現の探究領域で、「人の心は表情と仕草で表現される。」というセントラルアイディア(概念)に到達することを目指していきます。

まず、今の時点でそれぞれがどんなことを知っているのか、テーマタイトルやセントラルアイディアからどんなイメージが出てくるのか、先行知識を探っていきました。

 
「表情と仕草」ってよくわからない。「表現」って何?

1年生にとっては見慣れない漢字に「?」が多い中、

「表情ってうれしい、かなしいって顔でわかるってこと。」

「手繰り身ぶりのことだと思う。」

2年生では知っていることを話したい様子。

「本物とは違うけど、手を頭につければ、うさぎって伝わる。」という2年生の発言に、

「体も跳ねれば、もっとわかるよ。」と1年生が動きをつけると、

「体と顔って繋がってる感じがする。」

「手を振れば、おはよーっていってるみたい。」

気がつけば1・2年生関係なく思ったことの連鎖で話が続いていきます。

寝転がっていても、突然発言。そうは見えなくても参加しているのですね。

「仕草があれば顔全体がわかる。」

「手の動きと目でもわかる。」

日頃マスクをしているからこそ出てくる言葉なのでしょうか。

「笑顔だと元気でうれしいって意味。」

「意思表現とも繋がると思う。」

おー、なかなか鋭い。

「自分の顔で、こういうことだよって伝えるんじゃない?」

「人だけじゃなくて、動物にも表情と仕草がある。」と1年生。

確かに。話を聞いているからこそ、わからなかった言葉をもう使っているからすごい。

自分の気持ちを表情と仕草でどうやったらわかりやすく伝えられるのかを考えていくテーマであることを伝えると、なんとなくイメージができた模様。

 

その中で、面白い意見が出てきました。

「怒っているように見えたから、その場から離れたんだけど、あとで聞いたら怒ってないって言われた。」

思ったことと違うことが表情に出てしまうってこと?

自分では気づかないうちに怒った気持ちが出たとか?

それとも、思っていないことが表情に出ているときもあるとか?

モヤモヤしてきます。

そこで、本当のことを表情に出さずにいられるか実験をしてみることに。

トランプカードでダウトゲームをやってみました。

マスクあり(声あり)とマスクなし(声なし)で2回戦実施。

違いがあるかの比較もしてみました。

 

ゲーム後、発見したことをふりかえっていくと、

「ニヤってわらうとダウトだってわかった。」

「表情に出さないようにしたら、だませた。」

嘘をつこうとしても、表情に出てしまうとわかってしまい、表情に出さないようにすると嘘だと気づかれないとのこと。

マスクの有無に関しては、意見が分かれる結果になりました。

「マスクありだと口の表情がわからない。マスクなしの方がわかりやすい。」

「マスクありの方が声が出せるからわかりやすい。」

表情よりも声を頼りにしているのかもしれません。

ますます、セントラルアイディアに疑問が出てきました。

「人の心は表情と仕草で表現されるのか。」

そう思う10人。そうは思わない7人。(1人欠席)

これからの学習を通して、どう認識が変化していくか楽しみです。

 

本テーマ学習では以下の3つを軸に学習を進めていきます。

・心を表す表情と仕草(form)

・表情と仕草が与える印象(perspective)

・自己表現と他者理解(connection)

心の中の気持ちを表情と仕草で表すことは何気なくしています。

意識して、怒ってる顔、困っている顔、嬉しい顔など、その場で表現できる子もいれば、恥ずかしくてできない子も。仕草となると、どんな感じかな?と迷ってしまいます。

表情と仕草の事例を見て、自分が同じ気持ちになったことがあるかを思い出し、実際に事例を真似てみることをしていきました。

 

すごろく形式で進めていきました。

 

 

3人組でやってみたあとで、伝わりやすかった表情と仕草を紹介してもらいました。どんな気持ちか聞いてみると具体的な話があがってきました。それぞれに思っている気持ちが表に現れていることがわかります。

 
すごろく後の感想の中には、

「表情って難しい。なんでだろう?」という疑問も出てきました。

 

思いを言葉でなく表情と仕草だけで伝えるにはどうしたらいいのでしょうか。

「大げさにすればいいのかな。」

「変になっちゃうとおかしくなる。」

ここは、プロからヒントを得ることに。

パントマイムを専門にされている方が表情と仕草のポイントを伝えている動画を紹介。

 

視聴して、どんな気持ちが伝わったか聞いてみると、嬉しい気持ち、楽しい気持ちのほか、

「ハーモニーが伝わってきた。みんなに(表現の仕方を)伝えたいって思ってそう。」

「ラブが伝わってきた。この人はパントマイムが好きってこと。」

TCSスピリットが伝わってきたといいます。

表現の仕方ひとつで、それが伝わってくる。そして、それを真剣に見ていたからこそ、伝わってきたともいえます。

発信する側、受信する側が互いに意識することで、ここまで伝わることがわかります。

「表情と仕草が与える印象」について考えるきっかけにもなっていきました。

そして、今回、学びの成果としてプレゼンすることは、TCSスピリットを表情と仕草で表現することであることを、ここで紹介しました。

一緒に「笑いの練習」をしてみます。

顔と体を大きく使うことで、なんだか楽しい気持ちになってくるから不思議です。


 

全体で練習した後、一人で「楽しさ」を表情と仕草で表現することに挑戦。

3人組になって、good and betterを出し合い、磨いていき、最後は撮影するという課題を提示。さぁ、自分たちだけでどこまでできるかな。

 

「笑ってるところがいい。おおげさすぎて、変に見えちゃうな。」

「それって笑わせようとしてるだけじゃない?楽しい感じじゃない。」

「動きはいい。顔が笑うともっといい。」

「ほっぺたあげるといいよ。」

 

テーマ学習では、特に発揮したいスピリットを予めスタッフ間で決めています。

ここでは、非言語表現への気付きと表現を心から楽しむ「Playfulness」と、伝えたいことが伝わるように、協働して非言語表現をつくりだす「Harmony」の2つを焦点に当てています。

最初からうまくいく場合もあれば、そうでないことも。

 

特に、2年生ひとりの3人組は苦戦してしまいがち。進まない中、3人とも不幸せな気持ちになっていってしまいます。毎回、メンバーを変えながら、スタッフが入りながら、2年生にはがんばってもらっています。

TCSでの学びは「なんでもやってみる」こと。それを知っている2年生は、課題はやるものとわかっています。でも、1年生の場合は、「やりたくない。」「恥ずかしいからやだ。」が通用できるか試している段階。そうした気持ちは自然と表情や仕草に表現されます。

自分の表現がどんな印象を与えるのかについて考えていく契機になりそうです。

どうしたらみんなが幸せな気持ちになれるのか、TCSスピリットを発揮することにヒントを見い出していきたいところです。

 

<表情と仕草が与える印象(perspective)>

「楽しい」を表現する。撮影したものを見ながら振り返りをしていきます。

 

【やってみて思ったこと】

・演技するのが大変

・楽しいことを考えるとできた

【楽しそうな表現をしている人たちの映像を見て思ったこと】

・体全体を使っていて、オーナーシップを感じる

・踊っているのが楽しそうで、ダンスへのラブがある

・楽しいことがあった感じだから、プレイフルネス?

演じようとするとうまくいかない。素を出せればうまくいくけど、いざやるとなると難しい。一生懸命やろうとする姿には、オーナーシップ。やっていることそのものが楽しそうな姿には、ラブ。プレイフルネスは「楽しく」見えるものでも、楽しもうとするときに発揮されるスピリット。聞いたり話したりしていく中で理解を深めていっています。

ほかのスピリットも表情や仕草から伝わるのかどうか。朝の会の映像から「聞くぞう」たちに着目して見ていきます。

 

音無しで映像を見ても、聞いている人と聞いてない人の差は歴然。

「Tさんは、プレゼンが好きってラブが伝わる。興味津々で聞いてる。」

「私、Hさんが好き!」

6年生のHさん、じっと語るべぇの方を見て、頷いたり、終わると笑顔で拍手したりと、すべてのスピリットを発揮しているように見えます。

スピリットを発揮している人は、みんな好きになるよね。

「ぼくは、最初聞いてなかったから、今度は聞くぞってレジリエンスを発揮してたよ。」

真剣に聞いている姿に、そうした理由がわかると、なるほど納得です。

実際に、語るべぇ・聞くぞう・撮影する人に分かれて実践してみました。

自分たちが発揮したというスピリットは次の通り。

 ラブ(相手のことを思って聞く)
 プレイフルネス(面白さを見つけようとしながら聞く)
 オーナーシップ(自分とのつながりを探しながら聞く)
 レジリエンス(がんばって聞く)
 コンフィデンス(自分は聞くぞうができると思って聞く)

ところが、撮影した動画を見てみると、そうは伝わってきません。

なぜ?上級生との違いはどこにあるのでしょうか。

「表情がない。」
「どんなふうに聞いているのかわからない。」
 「表情って難しい。なんでだろう。」

せっかく、TCSスピリットを発揮しようとしていても、相手への印象は別のものになってしまっています。

そこで、スクール内でスピリットを発揮している人を見つけ出し、その人にどんな気持ちでいるのかインタビューしてみることに。心が表情と仕草で表現されるのならば、その心のうちを聞いてみようではありませんか。

 

 
 
 

どれも心の中がポジティブであることが見えてきます。

また、スピリットがあるときはポジティブ、スピリットがないときはネガティブであることが、つぎの短編映画を見ることで、わかってきました。

 

無声で何を言っているのかはわからなくても、表情や仕草でどんな感じなのかは伝わってきます。

左側の人が「笑う」場面で、その心の中を想像してみると、次のようなセリフが出てきました。

上段:ざまあみろ。弱いなお前。俺をなめんな。俺の方が強い。
下段:あの人、よかった。また会えるといいな。あの人、好きだな。いい人だな。ともだちになりたいな。

TCSスピリットがある・ない、両方の気持ちを思い起こすことで、表現に差がつくかどうかを試していきました。

〜〜〜〜〜〜

2日間はお題付きを実践。3日目はスピリットだけ指定して、動きは各々で考えてみることにしました。

  

ダンス練習でレジリエンスを発揮できない場合だったり、苦手な食べ物に対してコンフィデンスを発揮した場合だったり… 繰り返し実践していく中で、出てきた発見がありました。

「間違えてもやるのがレジリエンスってわかった。」

「手を使った方が楽しそうに見える。使わないとつまらなそうに見えてしまう。」

「口をおっきくあけると美味しいが伝わる。」

 「足の動かし方。遅いとつまらなくみえる。」

「つまらないと思って走る。楽しいと思って走る。違く見える。」

「ちょっとうなずくだけじゃ石みたいで何にも動いていないのがわかった。」

「相手の目を見るのって大変。」

「元気よくっていうのはいつも通りで簡単。元気がないのは難しい。」

少しの動きでは伝わりにくい、難しいと思うのは日頃していないから、などなど、相手に与える印象を考えることで、少しずつ視野が広がってきている様子です。

 

では、伝えたい思いをどう表現していけばいいのか。相手をどう理解していけばいいのか。自己表現と他者理解についても考え始めてきています。

 

 

AN

(参考) TCSテーマ学習について、以下よりご覧ください。
2022年度 年間プログラム(PDF)運用版
テーマ学習一覧表(実施内容)

 

 

Comments are closed.
アーカイブ