[…]" /> […]"> […]"> 『静かなともだち』~ふりかえり~ – 東京コミュニティスクール

特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール

東京コミュニティスクール

03-5989-1869

school@tokyocs.org

〒164-0001

東京都中野区中野1-62-10

東京コミュニティスクール

『静かなともだち』~ふりかえり~

タイトル:静かなともだち
探究領域:万象究理
セントラルアイディア:見れば見るほど見えてくる。

[1年生]

プレゼンテーションでは、自分たちで作ったマップという自信をもって語り、聞いている方からは「名前のつけ方が面白い」「名前の意味や分類の仕方がわかりました」との感想をいただくことができました。声が小さかったり、人前で話すことに臆してしまったりと、これまで1年生にとっては、伝えたいことを伝えることの難しさを実感してきているだけに、リフレクションシートに書いてもらえた言葉はうれしいものでした。

何度も公園に足を運び、紅葉前の葉、葉の剪定、紅葉していく葉、落ち葉の増えていく様子に実際に触れていく中で、なぜ紅葉するのかと理由を調べ、栄養が葉で作られ木に送られていることや木から葉へ栄養が送られていることを知ったことは、子どもたちにとって大きな発見であり、植物が物体ではなく生きている生き物だという認識をもつきっかけとなりました。剪定をしている方に「切った方が健康な葉が生え、病気にもなりにくい。」と聞いたときも「木って病気になるの?」と衝撃を受けていました。「葉って髪の毛みたいなものなのかも。」と葉に対するイメージが変わったことも「静かなともだち」に近づける一歩となりました。

単体で葉を見る・触る・嗅ぐ・測るという観点で観察をし、さらに比較という見方が加わったことで、葉脈を細部まで見たり、鋸歯の形に注目したりとさらに細かなところにも目が行き届くようになっていました。見たつもりで見えていない部分がある。「見れば見るほど見えてくるね。」と呟くことも多くありました。
これからもどんどん観察眼を磨いていこう!

AN

TCS2016年度探究テーマ一覧は、こちらよりご覧ください。

Comments are closed.
アーカイブ