プレゼンまであと1週間。緊張も高まります。「私たちの紅葉山公園」と題して、自分が撮影した1枚の写真を提示しながら、観察し発見したことを語っていきます。

[1年生]T1-6

" /> プレゼンまであと1週間。緊張も高まります。「私たちの紅葉山公園」と題して、自分が撮影した1枚の写真を提示しながら、観察し発見したことを語っていきます。

[1年生]T1-6

"> プレゼンまであと1週間。緊張も高まります。「私たちの紅葉山公園」と題して、自分が撮影した1枚の写真を提示しながら、観察し発見したことを語っていきます。

[1年生]T1-6

"> 私たちの紅葉山公園 – 東京コミュニティスクール

特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール

東京コミュニティスクール

03-5989-1869

school@tokyocs.org

〒164-0001

東京都中野区中野1-62-10

東京コミュニティスクール

私たちの紅葉山公園

タイトル:「紅葉山」見っけ隊
探究領域:時空因縁
セントラルアイディア:「場の観察から私たちの生活が見えてくる。

[1年生]

プレゼンまであと1週間。
1年生は、初めてのプレゼンテーションです。
「ねぇ、プレゼンの練習ってしなくていいのかな。」
いよいよ今週末に迫ってきたこともあり、緊張も高まります。

「私たちの紅葉山公園」と題して、自分が観察してきて発見したことを語っていきます。

2016_5_26_atsu_IMGP7715.jpg
 2016_5_31_atsu_IMGP7713.jpg

そのときには、1枚の写真を見せることになっています。
これまで、自分たちのiPadを使って撮影してきたものから1枚を選びます。
iPad操作もなかなかのもの。週1回のIT学習の時間にマスターしたことを取り入れて、
撮ったものを「みっけたい」アルバムに収めていきます。
「どれにしようかな。」と迷いながらも「この1枚!」というものを選びました。

%E2%91%A012%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%8B%E3%82%99%E3%81%A8%E3%81%86%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB.jpg
 %E2%91%A3%E8%A6%8B%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E4%BA%BA.jpg
 %E2%91%A2%E3%82%B1%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%81%8B%E3%82%99%E3%81%91.jpg

「私たちの紅葉山公園って、なんで私たちなの?」という声に対して、
私たちって誰のことだと思う?と聞いてみると、自分たちのことを指しています。
ほかのTCSキッズは?と聞くと、うーんとどっちかなと首を傾げた感じになり、
公園で本を読んでた人は?と聞くと、「私たち!」「そうそう」と声があがります。
話を続けてみると、紅葉山公園を利用している人たちは、この「私たち」に入るといった
感覚を持っているようです。
つまり、TCSキッズが紅葉山公園を利用していれば「私たち」に入るけれど、
利用してないと、どっちかなと考えてしまうというわけです。

公園は誰でも利用できる。
ダンスをしている人たちは、なぜ紅葉山公園を練習場所に使っているか、
その理由として、話してくれたことは、
近所であること、そして、お金がかからないからということでした。

「遊園地はお金がいるけど、公園はいらないね。」
「中野区の人じゃなくても、使える。」
「この公園も遊園地みたいになればいいのに。」
「でも、走って休みに来ている人もいるし、本を読んでいる人もいるよ。」
「公園の人(警備員の人)が、ここは文化の発信地だっていってたし。」
「心の中の考えたことを外に出すのが文化ってことだったよね。」

これまでの観察を通して、見てきたこと、聞いてきたことがたくさんある中で、
今の自分が心に残っていることを口に出して話す。
これをプレゼンのスタイルを取りながら繰り返していき、
何を話すかポイントを押さえていきました。

自分の興味あるものがここ紅葉山公園にはある。
この公園は自分にとっては、ダンスをしている人たちを見るのを楽しむ場所。
でも、ダンスをする人にとっては、練習する場所などなど、
自分なりに捉えた「私たちの紅葉山公園」を語る準備ができていきました。

初めてのプレゼンにドキドキしながらも、「やるぞ!」という気持ちでいっぱいの様子です。

AN

TCS2016年度探究テーマ一覧は、こちらよりご覧ください。

Comments are closed.
アーカイブ