職人への道ということでいよいよ修行の日々が始まりました。 また、職人さんの助言を受けて、先週、まとめた職人の心得を大きな声で元気よく唱和することから始めました。
" /> 職人への道ということでいよいよ修行の日々が始まりました。 また、職人さんの助言を受けて、先週、まとめた職人の心得を大きな声で元気よく唱和することから始めました。
"> 職人への道ということでいよいよ修行の日々が始まりました。 また、職人さんの助言を受けて、先週、まとめた職人の心得を大きな声で元気よく唱和することから始めました。
"> 職人への道~ただいま修行中!~ – 東京コミュニティスクール

特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール

東京コミュニティスクール

03-5989-1869

school@tokyocs.org

〒164-0001

東京都中野区中野1-62-10

東京コミュニティスクール

職人への道~ただいま修行中!~

今週は、いい仕事をするために、下積みとして修行です。
まずは、実際に木を切ったり、穴をあけたりと木を実際に加工してみて、
木とはどういう性質があるのかということを考えました。
とその前に・・・
先週に訪れた職人の師匠の佐藤健一さんのHPのコメントで
「型から入ることとよい」というアドバイスをいただきました。
型が決まっていることで、気持ちを切り替えるきっかけにするというものです。 
そこで、作業をする前に職人の心得を皆で唱和することにしました。
職人への道~ただいま修行中!~_01職人への道~ただいま修行中!~_02

全員で、
「ひと~つ、手を抜かない!・・・」
と大きな声を合わせて、丁寧に読み上げていきます。
そして、作業開始です。
木に触れてみて性質を調べてみます。
「木のふしの部分は、切りやすいな」
「釘を打っていたらふしが取れた」
「木を縦には切りづらいな」
職人への道~ただいま修行中!~_03職人への道~ただいま修行中!~_04

職人への道~ただいま修行中!~_05
ある子どもは木に体重をかけて
耐久性を調べてみました。
木は、しなりはしたものの、丈夫で折れません。


実際の体験から気づいたことをメモして、
次の日には木の性質についてまとめました。
それぞれ感じたことをまとめると見えてきたのは次のとおり。
①木のふしは、釘を打つには不適切。
②木目に沿っては切りづらい。
③木目に沿って長くすると木は丈夫になる。
のこぎりには縦引きと横引きがある理由があるのです。そのことを文献を読んで確かめました。
木のことに詳しくなったので、修行の次のステップは道具の使い方をマスターすること。
本日は、まっすぐ切ることを目標にひたすら木を切りました。
職人への道~ただいま修行中!~_06職人への道~ただいま修行中!~_07

まずは、職人になるための早い道のりは、「技を盗む」こと。
使い方のレクチャーを見て、コツを掴みます。
木に垂直なまっすぐな線を引いて、その線に沿って切っていきます。
始めはぎこちなく、ななめになってしまったり、曲がってしまったりとしていましたが、
すこしずつコツをつかんでいきました。しかし、まだまだ修行が必要です。
やはり、職人への道のりは遠いです。
来週もひたすらに修行に励んでいきます。
TK

Comments are closed.
アーカイブ