特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール

東京コミュニティスクール

03-5989-1869

school@tokyocs.org

〒164-0001

東京都中野区中野1-62-10

東京コミュニティスクール

「築きに気づく」2学年 テーマ学習 レポート

 

 

【探究領域】万象究理
【セントラルアイディア】構造よく力を制す。

<テーマ学習> 〜レポート

10月より後期に入り、あっという間に今年度も折り返し地点です。

本テーマ学習ではセントラルアイディアである「構造よく力を制す」という概念を実感するために、私たちの身のまわりにある様々な構造物を知り、それらを支えている構造とその機能に気づくことで新たな視点を獲得していくことを目指します。

テーマ学習初日にはテーマタイトルにある「築」という漢字の成り立ちを紐解き、身のまわりにある建築物を挙げていきました。

神社/駅舎/ビル/映画館/電柱/工場/スカイツリー/学校/城/立体駐車場などなど9人で話し合うことで最初の1人の意見からどんどん広がっていきました。

「今回のセントラルアイディアはなーに??」とある子が大きな声で言いました。2年生たちがテーマ学習の構成を理解し始めていることがなんとも嬉しい瞬間です。

セントラルアイディアである「構造よく力を制す」を模造紙に書き、一つ一つの言葉の意味を考え、調べ、それぞれの理解を語り合っていきました。

「構造ってさ、物の仕組みのことなんじゃないの?パソコンの構造とかさ。」とある子がつぶやきました。辞書でも構造の意味を確認してみると、物事の組み立ての様子と書いてありました。

「構造が制してる力ってなんなんだろう?」

「わかった!!それは風とかなんじゃないの?」

「あとは重力!重たいものが乗っても壊れないようにしないと!」

「地震とか津波にも耐えられないといけないじゃん!!」

「ていうことはさ、制していないとビルはちょっとした地震でくずれるっていうことなのかな。」

「でも構造で制してるってどういうことなんだろうね。」

などなどひとしきりの考えがお互いに触発し合ってぐるぐると渦巻いているところで、いくつかの構造をじっくりと観察するためにフィールドワークへ出かけることを子どもたちに共有しました。

「やったーーー!!!どこ行くの〜??」と大盛り上がりの子どもたち。

TCSのテーマ学習では現地・現物・現人を大切にしています。

現地に足を運んで実感し、現物に触れ、本物と出会うことこそリアルな学びであり、探究の醍醐味。探究心にも火がつきやすいこと間違いなしです。しかもこの東京には豊富な学びのリソースが溢れています。これらを活用しない手はありません。

学年が上がるにつれてどんどん外出の機会も増えますが二年生たちにとっては新鮮なテーマ外出なので盛り上がりもひとしお。

さらに今回は電車を乗り継いで浅草を目指します。まずは東京スカイツリーの構造を観察しつつ、さらに江戸時代から多くの橋がかかっている隅田川をクルーズして橋の下からその構造を目に焼き付けに赴きます。

縦に高く伸びるタワーと横に長く広がり様々な交通をどっしりと支えている橋の構造を知るフィールドワークです。

快晴に恵まれ、浅草に到着!!アサヒの金色に輝く建物を見て大興奮の2年生たち。

目的地は東京スカイツリー。

どこからでもドーンとそびえるTHEランドマークを眺めつつぐんぐん歩を進めます。

真下まで来るとものすごい迫力です。

「すごーい!めちゃめちゃかっこいいじゃん!!」
「634mなんだよ。高尾山よりも高いんだねー!」
「囲いの中に細い建物があるんだー!!知らなかったー!」
「階段もあるんだね!この階段登ってみたいよー。」

スカイツリーの麓でじっくりとタワーを眺めながらランチタイム☆

そしてお次は隅田川クルーズです。

宇宙戦艦ヤマトを描いたアニメ界の巨匠松本零士さんがデザインしたこちらホタルナに乗り込むご一向。

宇宙船をイメージしたシルバー・メタリックの流線形ボディにガルウィングの扉がカッコ良すぎます。さらになんと船内のナレーターは銀河鉄道999の車掌さんと鉄郎です。ちなみにメーテルはちょっとだけしか登場してくれませんでした、残念(笑)

普段はなかなかなかなか見ることができない橋の下。

あそこにもここにもたくさんの三角形を見つけることができます。

隅田川には15もの橋が架かっています。数種類のアーチ橋・けた橋・斜張橋・はね橋など様々な種類の橋を一度のクルーズでじっくりと観察することができるのがたまりません。江戸時代から親しまれている橋や重要文化財に指定されている橋など設計の妙が施された個性豊かな橋は見ていて飽きることがないほどです。

クルーズの最後はお台場とレインボーブリッジに近づくにつれ、視界も隅田川からグッと広がり東京湾へ。

スカイツリーといくつもの橋を観察した後、街を歩いていると今までは素通りしていたような構造物や形に気がつくようになります。

クレーンにもたくさんの三角形が使われています。

駅のホームの天井にも三角形が!子どもたちは構造のメガネを手に入れました!!!

さあ、フィールドワークの後はスクールにて発見してきた構造と形の強さを実験して確かめてみよう!!

なんで三角形がこんなにたくさん使われているのだろうか???

YI


(参考) TCSテーマ学習について、以下よりご覧ください。
2022年度 年間プログラム(PDF)運用版
テーマ学習一覧表(実施内容)

 

 

Comments are closed.
アーカイブ