特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール

東京コミュニティスクール

03-5989-1869

school@tokyocs.org

〒164-0001

東京都中野区中野1-62-10

東京コミュニティスクール

「個の尊厳」T1-G5G6 テーマ学習 概要

【探究領域】自主自律
【セントラルアイディア】私たちは私たちのために生きている。

<テーマ概要>

 

午前中のみのテレラーン(オンライン授業)ですが、TCSはテーマ学習の学びも止めることはしません。

さてさて、5・6年生の「個の尊厳」 ですが、このテーマタイトルが物語るように私たちは「かけがえのない存在」です。

それぞれが感じたことを大切に、たくましくしなやかな心と体を育みながら、悔いのない人生を生きるために失敗や様々な選択を繰り返して私たちは日々生きています。

そんな似て非なるものを持ち合わせた、私たち一人一人に必ず訪れる生物としての「死」。

本テーマ学習では、これまで漠然と不安・怖れ・悩みなどネガティブで暗いイメージを抱いていた「死」と多面的にとことん向き合っていきます。

私たちが生まれたことは偶然かもしれません。しかしそこに意味を見出し、価値ある「生」にしていくのは私たち自身です。

死ぬことを知っていながらも私たちはこれまでまで生きてきた道のりを振り返り、この先どう生きていくかを考えます。

生きとし生けるものが迎える「死」について知ることで、逆に鏡として「生」の意味を見出し、その価値に気づく旅の始まりです。

そのために生まれてから今まで、そしてこれから生きていく未来で起きる出来事も詳しく盛り込んだ「人生楽ありゃ苦もあるさ年表」を描いていきます。

楽しいこともあれば苦しいことも同じようにあるのが人生。

来るべき未来の社会背景も想定し、具体性のある年表作りを目指します。

そして今回のミッションは年表の最期となる「死」を迎えたときに、自らの葬儀で読まれる「弔辞」の作成です。読み手は人生において関わりの深かった人物を設定し、プレゼンテーションにて、自らがその第三者を演じ、自分宛ての弔辞を読み上げます。

人柄、生き様、業績、具体的な出来事・エピソードを交え、人生を紹介します。

これは「死ぬ」という事象よりも、それまでどう生きてきたか、つまりはこれからどう生きていきたいかのプロセスに重きをおいています。

この私たちに与えられた「かけがえのない生」をどう精一杯自分らしく生きていくのか、これからの人生に向けた自主自律の学びの集大成に挑みます!

 

YI


(参考) TCSテーマ学習について、以下よりご覧ください。
2020年度 年間プログラム(PDF)運用版
テーマ学習一覧表(実施内容)

Comments are closed.
アーカイブ