特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール

東京コミュニティスクール

03-5989-1869

school@tokyocs.org

〒164-0001

東京都中野区中野1-62-10

東京コミュニティスクール

「サインを受信せよ!」概要 G1G2テーマ学習

【学年】1年生2年生
【探究領域】意思表現
【セントラルアイディア】私たちはどうしたら気持ちや考えをわかり合えるのか?

<テーマ概要>
「あっちにトイレがあるよ!」「予約してたレストランはここだね」「あ、これは触っちゃいけないみたい」
長々しい言葉で説明されずとも、色や形を見るだけで伝えようとしている意味が理解できる。そして、当たり前のようにそれらを「行動の目印」としている。わたしたちの暮らしって、実は「サイン」に囲まれて成り立っていると考えると、改めてすごいなぁと思っちゃいませんか。

そんな「サイン」の数々ですが、実は日本がうみだした”発明”ともいえるものがあります。それこそが、一目でわかるシンプルな「ピクトグラム」。第1回東京オリンピックの際、さまざまな言語を持つ外国の人にも公共施設や競技内容がパッとわかるようにと考え出され、来る2020年のオリンピックに向けても「よりよく、誤解なく伝わるように」と、改良に改良を重ねられているのが記憶に新しいところ。そうやって、ノンバーバルな表現で意思や意味を伝える醍醐味を学ぶのが、本テーマでもあります。

今回のテーマ学習では、まず身のまわりにあるサインを徹底的に集め、メッセージが伝わるサインに込められた工夫やその作り方を分析。そのうえで、「TCSの”授業(朝の会、読む、書く、テーマ、アセンブリなど)」について、自分たちなりに言語化していき、オリジナルのピクトグラムづくりに挑戦していきます。それぞれなんの時間なのか、どんなことが行われているのか、そこからどんな気持ちや想いが生まれ、どんな行動に結びついているのか、「具体的に詳しく」語ることで明確にしていき、それをよりシンプルに「抽象化して凝縮した」サインへと昇華していきます。具体と抽象、伝えたいと伝わるを行き来しながら試行錯誤を重ね、ただ授業を受けるという状態から一歩進み、「これからこんな気持ち・姿勢で学んでいきたい!」という想いも込めて、実際に時間割として使ってみることを目標とします!

MK

Comments are closed.
アーカイブ