今週も引き続き”ミニチュア橋”の製作に打ち込んでいます。
そしてまずは先週作り上げた”橋”の荷重実験からスタートしていきました。

[2年生]T4-4

" />

今週も引き続き”ミニチュア橋”の製作に打ち込んでいます。
そしてまずは先週作り上げた”橋”の荷重実験からスタートしていきました。

[2年生]T4-4

">

今週も引き続き”ミニチュア橋”の製作に打ち込んでいます。
そしてまずは先週作り上げた”橋”の荷重実験からスタートしていきました。

[2年生]T4-4

"> 実験 – 東京コミュニティスクール

特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール

東京コミュニティスクール

03-5989-1869

school@tokyocs.org

〒164-0001

東京都中野区中野1-62-10

東京コミュニティスクール

実験

[2年生]

タイトル:築きに気づく

探究領域:万象究理

セントラルアイディア:「構造よく力を制す」


今週も引き続き”ミニチュア橋”の製作に打ち込んでいます。
そしてまずは先週作り上げた”橋”の荷重実験からスタートしていきました。

「緊張するー!私の橋2.5kgクリアできるかなぁ?」
「うちは結構自信あるんだよ。早くやろうよー!」

1冊約500gある本『白いぼうし』を1冊ずつ橋に吊るしていき、5冊=2.5kgの荷重に耐える頑丈な橋を作ることが私たちのミッションです。
そのためにも頑丈な構造はどのように生まれるのか考え、実験し、ふりかえることを繰り返していきます。

3人が作った橋で実験を行なった結果、最初の2つは1.5kgの荷重で材料の接続部分から崩壊してしまいました。

「ああ!!こわれちゃった。材料は全然折れてないのになあ。ボンドが足りなかったのかなぁ?」
「つなぎ目がもっとピッタリくっつくようにして、ボンドをたくさんつけた方がいいみたい。」

たしかにジョイント部に力が掛かるので最も注意が必要となってきます。

最後の一つはワーレントラス構造の橋。
こちらはなんと2kgまで耐えることができましたが、2.5kgの荷重を加えると真ん中から真っ二つに裂けて崩壊してしまいました。
しかし、壊れてしまったものの惜しいところまでいったので子どもたちは大盛り上がりです。

「やったー!うちの橋惜しかったーーー。この同じ形でもうちょっと工夫したら2.5kgもちそうな気がするぅ。」

失敗した理由を考えながら、構造をさらに強化した設計図をさらに描いていきます。
しかし、2年生のかれらには180cmの材料のみを効率よく使い切るための計算やきれいな設計図を
定規を使って描くこと自体がかなりのチャレンジ。
なんども描いては消しながら諦めずに設計し続ける小さな設計者たち。

2.5kgクリアにむけて来週もがんばるぞーーー!

YI

TCS2014年度探究テーマ一覧は、こちらよりご覧ください。

Comments are closed.
アーカイブ