図鑑や映像からわかることや思ったことを話し合い、自分たちの言葉で置き換えていく中で、 災害は怖いけど、それだけではないことに気がついていきました。

[1・2年生]T6-2f

" /> 図鑑や映像からわかることや思ったことを話し合い、自分たちの言葉で置き換えていく中で、 災害は怖いけど、それだけではないことに気がついていきました。

[1・2年生]T6-2f

"> 図鑑や映像からわかることや思ったことを話し合い、自分たちの言葉で置き換えていく中で、 災害は怖いけど、それだけではないことに気がついていきました。

[1・2年生]T6-2f

"> 自分の言葉に置き換える – 東京コミュニティスクール

特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール

東京コミュニティスクール

03-5989-1869

school@tokyocs.org

〒164-0001

東京都中野区中野1-62-10

東京コミュニティスクール

自分の言葉に置き換える

[1・2年生]

子どもたちにとって、自然災害とは、地球が暴れること。
地球が暴れるというイメージからは、まず火山が思い浮かぶようです。
マグマって、どういうもの?
溶岩と火山は違うの?
地球大図鑑をめくりながら、火山のページを開きます。

目次を見ると、火山は「生きている地球」という
タイトルの中に掲載されています。
「生きている地球だって」と、すばやい反応。
なぜなら、先週、自然災害についての話し合いの中で、
同じ言葉が出てきていたからです。
「自然は地球のこと、地球は生きているから、暴れたとき災害になる。」
この発言が模造紙のメタメタマップの中に残っていることから、
「そこに書いてあることと同じだ!」「本当だ!」と
うれしそうに、自分たちの知識とのつながりを考えていきます。

火山の様子が鮮明な絵で飛び込んでくるため、
気になった絵を見て、解説を読んでいきました。

%E7%81%AB%E5%B1%B1IMGP3063.jpg
マグマとはきわめて高温の液体状の岩石のことで、
マグマだまりとは
地球の上部マントルから上昇してきた
マグマが蓄えられた所をいう。
地表に達したときの温度は、
通常約1200℃にもなり、赤く輝いて見える。

溶岩に含まれる火山ガスは、溶岩が冷めるとともに気泡になって抜けていく。

いろいろ難しい言葉も出てきていますが、わからない言葉が理解できると、
「それじゃあ、マグマだまりはマグマのお風呂だね。」
「え、もっと熱いから、マグマの温泉だよ。」
「入れるかな。」「1200℃って温泉より熱いよ!倍の倍の倍の・・・くらい熱いよ!」
「入ったら、溶けちゃうよ。」
「ガスが抜けるって、おならのこと?」
「そうだ、おならってガスでしょ。」「火山ガスは溶岩のおなら。」といった感じに
自分の言葉に置き換えて、理解を確かめていきます。

その後、
「マグマが光って見えるから、溶岩はキラキラ宝石ならいいのにな。予想だけど。」
という発言から、
「宝石のページもあったよ。」となり、
火山から鉱物のページにシフトしてしまいました。
一見、関係ないように思えても、ページをめくっているうちに、
火山のような絵を見つけ出しました。解説を読んでみると、
マグマの中に、ダイヤモンドがあり、爆発的な火山噴火によって地表に現れることが
わかり、宝石ならいいのになという予想が当たって、本人はびっくり。

また、この図鑑のホームページには、自然災害の動画解説もあることから、
火山の映像を見ることで、わかったことを話し合っていきました。

%E6%98%A0%E5%83%8FIMGP3050.jpg

映像の中に、「恩恵」という言葉が出てきていて、
「おんけい?」とひっかかっている子が何人かいました。
そう、今回のテーマのkey wordです。

そこで、わかったことを確認したあと、
もう一度「怖さ」という言葉で問いかけてみました。
火山の怖さって何だろう?
「近くにあったら怖い。」
「溶岩を触ったら、溶けちゃう。」
「どんどん攻めて来て、逃げる場所なくなる。」
「ポンペイの街は飲み込まれたよ。灰で埋められた。」
「人間が死んじゃう。」

次に恩恵の話題に切り替えました。
「恩」は、ご恩の恩、恩返しの恩。
「このご恩は一生忘れませんってやつ?」「おかげさまに似てる。」との声。
「恵」の訓読みで、恵む、恵みと読むよ。
「いいこと?」「もらえるとうれしいものってこと?」

なんとなく意味がつかめてきたところで、次の問いかけ。
火山の恩恵って何だろう?
「火山で温泉たまごができるって知ってる。」
「火山の熱が移って温かくなる。」「温泉ができる。」
「火山で国立公園ができたって言ってた。」
「畑ができて地下水が生活を支えてくれるって言ってた。」
「ダイヤモンドも恩恵だね。」

図鑑や映像からわかることや思ったことを話し合い、
自分たちの言葉で置き換えていく中で、
災害は怖いけど、それだけではなく、恩恵があることに気がついていきました。
今後も、他の自然災害について、その怖さと恩恵に迫っていきます。

AN

TCS2013年度探究テーマ一覧は、こちらよりご覧ください。

Comments are closed.
アーカイブ