見る・触る・聴く・嗅ぐ・味わう。普段あまり意識することのない五感。もし、そのうちの一つが使えなくなったら・・・まずは、人間が8割程度の情報を得ているという「視覚」を遮断して、近所の公園にでかけてみました。一体どんな発見があったでしょうか。

[2年生]T1-1

" /> 見る・触る・聴く・嗅ぐ・味わう。普段あまり意識することのない五感。もし、そのうちの一つが使えなくなったら・・・まずは、人間が8割程度の情報を得ているという「視覚」を遮断して、近所の公園にでかけてみました。一体どんな発見があったでしょうか。

[2年生]T1-1

"> 見る・触る・聴く・嗅ぐ・味わう。普段あまり意識することのない五感。もし、そのうちの一つが使えなくなったら・・・まずは、人間が8割程度の情報を得ているという「視覚」を遮断して、近所の公園にでかけてみました。一体どんな発見があったでしょうか。

[2年生]T1-1

"> 五感ってなあに? – 東京コミュニティスクール

特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール

東京コミュニティスクール

03-5989-1869

school@tokyocs.org

〒164-0001

東京都中野区中野1-62-10

東京コミュニティスクール

五感ってなあに?

新年度初めてのテーマ「我感じる、ゆえに我あり」がスタートしま
した!

見る・触る・聴く・嗅ぐ・味わう。
我々は普段どれだけ意識して五感を使っているでしょうか。

本テーマでは、子ども達はまず自分たちに備わっている五感の特徴
を知り、それが生活の場面でどう必要になるかを追究しています。

そこで、まずは人間が8割程度の情報を得ているという「視覚」を
遮断して、外に出かけてみます。

「ぼくの靴どれだ~!!」

靴を左右逆に履いたり、別の子のを履いちゃったり。
時間はかかりましたが、何とか自分の靴を見つけて、やっとのこと
で外に出ました。

この日はうららかな春の陽気が気持ちよい一日。
視覚以外の感覚を使って、いろいろ情報を得ながら、スタッフの手
を借りて歩いていきます。

photo-2.JPG

近所の公園の敷地に入り、コンクリートの地面から落ち葉のたくさ
ん積もった場所に移動すると、
「おっ、足下に葉っぱがたくさんありそう。フカフカだ〜」
と子ども達。
足の感触でしっかり情報をキャッチしているようです。

そのまま、普段から遊び慣れたコースをずんずん歩いていくと・・

「ん、亀のにおいがするよ。池の近くかも。」
「地面が固いなあ。いつも1200m走で走っているコースかな。」
「あっ、滝の音がする!」
「右の方から葉っぱのにおいがする。」
「道路が近づいてきたんじゃないかな。車の音が大きくなってきたし。」

最初はアイマスクで視覚を奪われ、かなり慎重だった子ども達も、
次第に手や足を使って、自分の周りに何があるかを確認しながら、
ひとりで行動し出します。

蚕糸の森公園をほぼ一周し、無事スクールまで戻ってきて、アイ
マスク体験は終了。
今回の体験で気付いたことを聞いてみると、
「土のにおいや葉っぱのにおいがした。」
「丘をのぼってるか、下ってるか、足の感触でわかったよ。」
「排気ガスのにおいで道路が近いことに気付いた。」
「音を聞けば、車かバイクかわかるよ。バイクはブウォーンって音がするし。」
「道路標識にぶつかっちゃった。」
「最初は怖かったけど、だんだん怖くなくなってきたよ。」
と子ども達。自然にほとんどの感覚について気付いていました。

「目が見えなくても、触ったり、聴いたり、においを嗅いだりし
て、いろいろわかることがあるんだね。」

そこで、スタッフと一緒に「人間の五感」について確認し、アイ
マスクをして色々な物を触って当てっこをしてみました。

photo-4.JPG

最初は順調にスクールの中にあるものを当てていく子ども達。
ただ、人の手や厚紙で作った形の当てっこのあたりからだんだん
怪しくなっていきます。

「意外に難しいなあ・・・」

来週は、別の感覚に触れるとともに、五感の不思議を実感しに
またスクールを飛び出します!

HY

TCS2013年度探究テーマ一覧は、こちらよりご覧ください。

Comments are closed.
アーカイブ