テーマ学習発表会まで一週間をきりました。観客にとって、わかりやすい資料にするためにはどうすればよいか。教室に缶詰状態で、プレゼン資料を作成していきます。
[6年生] " /> テーマ学習発表会まで一週間をきりました。観客にとって、わかりやすい資料にするためにはどうすればよいか。教室に缶詰状態で、プレゼン資料を作成していきます。
[6年生] "> テーマ学習発表会まで一週間をきりました。観客にとって、わかりやすい資料にするためにはどうすればよいか。教室に缶詰状態で、プレゼン資料を作成していきます。
[6年生] "> プレゼン資料をまとめよう! – 東京コミュニティスクール

特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール

東京コミュニティスクール

03-5989-1869

school@tokyocs.org

〒164-0001

東京都中野区中野1-62-10

東京コミュニティスクール

プレゼン資料をまとめよう!

[6年生]

テーマもいよいよ最終週。
発表会に向けてラストスパートです。

テーマ開始時点で、発表形式を「ipadを使ったkeynoteによる
プレゼンテーション」にすることは子ども達に事前に伝えてありました。
スクールでは初めての試みです。

二人とも家ではあまりパソコンを使用していないようですが、
淡々とした表情で特に焦りや不安を感じさせません。

(不思議だなぁ。初めてのチャレンジなのに、不安はないのかな??)

こちらの心配をよそに、まずはプレゼン資料を作成するにあたっての
基本レクチャを受ける子ども達。

・1シート1メッセージ
・結論は最初に持ってくる
・図表を多用し、文字は少なめに
など、最低限のお約束を伝えます。

発表会まで日がない中、周囲の騒音をシャットアウトするため、
通常は理科(実験)で使用している教室を占有し、缶詰状態で作業を進めました。
その様子はオフィスさながら。

20120528wk_2.JPG

限られた発表時間の中で、学んできたこと全てを伝えきることはできません。
これまで学んできたことを整理して、わかりやすい資料を作るために、
いかに情報を絞るか、一緒に頭を悩ませます。

「この章は、シートをどの順番で説明したら、わかりやすいだろう?」
「うーん、低気圧と高気圧の様子がよくわかる画像はないかな。」
「雲のでき方を説明するためには、『断熱膨張』の話は外せないよね。」
「高層天気図の説明は絶対に入れたい!」

ホームワークでも資料の構成を練り直し、スクールではMacにて
資料を作成していきます。

最初はおぼつかない手つきだったものの、すぐ操作に慣れる二人。
新しいデジタルツールに対して、抵抗なくとりかかることができる
デジタルネイティブ世代の底力を感じます。

時間割変更で丸一日テーマの作業を進めるなど、かなりタイトな
スケジュールの中、何とか発表会前日のお昼頃に資料を完成させることが
できました。

「ふー、やっと、できた。。」

やりきったという満足感が表情から見てとれました。

本当にお疲れさま!!

HY

TCS2012年度探究テーマ一覧は、こちらよりご覧ください。

Comments are closed.
アーカイブ