シナリオを作りきり、演出についても考えた子どもたち。さぁ、このストーリーをかたちに現すぞ!道具作りなど実際に動き出す週となりました。
[6年生] " /> シナリオを作りきり、演出についても考えた子どもたち。さぁ、このストーリーをかたちに現すぞ!道具作りなど実際に動き出す週となりました。
[6年生] "> シナリオを作りきり、演出についても考えた子どもたち。さぁ、このストーリーをかたちに現すぞ!道具作りなど実際に動き出す週となりました。
[6年生] "> ストーリーを現す – 東京コミュニティスクール

特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール

東京コミュニティスクール

03-5989-1869

school@tokyocs.org

〒164-0001

東京都中野区中野1-62-10

東京コミュニティスクール

ストーリーを現す

[6年生]

テーマも後半戦。
シナリオを作りきり、演出についても考えた子どもたち。
さぁ、このストーリーを実際にかたちに現すぞ!
どう制作するかを考えて動き出す週となりました。
その前に、どう撮影を進めていくかというスケジュールが必要!
残された限りある日数の中でどう動くかを決めてから制作を始めました。
(ここまで制作が進むと、映画の内容に関係するのであまり詳しく書けないのですが、ご了承ください……。)
ストーリーを現す_01ある子は、演出のために大量に絵を描かなければなりません。
30シーンに分けて、絵を描くスケジュールを立ててみたのですが、
それだけで完成日になってしまいました!!
その後の撮影のことも考えると……時間が足らないことは明白。
「(家に持ち帰り)休みの日にも描くから。」
投げ出さずにやり遂げようとする姿が見られました。

ストーリーを現す_02映画には、道具の制作も必要です。
ある子は、主人公となる人形を用意するにあたって、
スクールにあるものを活かしイメージに合うように作るにはどうしたらいいか考えました。
「針金を中に入れたほうが動きやすいかな?」
「周りの色は、何を使って塗ろう?」
と他の子どもたちやスタッフと話しながら、制作を進めていきました。

ストーリーを現す_03そして、自分のある挑戦を映画にするために、その挑戦に向けて動き出した子もいました。
その挑戦だけでも大変なことなのに、プラス撮影も控えています。
挑戦と撮影を上手く兼ねつつ、自分の懸命な姿を伝えられるようがんばってね!

ここまで、未だ撮影も始まっていないのだから、個人作業の世界。
だから、仲間の映画のことを知らなくてもおかしくはない。
けれど彼らは、自然とお互いの作品のことにも興味を持ち、
相手の作品に建設的な意見を出したり応援したり、協力し合う姿が見られたのです。
これは6年間TCSで過ごしたからこその姿勢なのだと感じました。
来週は、再来週の完成に向けてどんどん撮影を進めていこう!

EN

TCS2010年度探究テーマ一覧は、こちらよりご覧ください。

Comments are closed.
アーカイブ