いよいよ現人登場!!
未知なる映画作りに挑むために、映像のプロから映画作りのいろはと心構えを学びます。
プロの世界はやはり厳しい…!?
" /> いよいよ現人登場!!
未知なる映画作りに挑むために、映像のプロから映画作りのいろはと心構えを学びます。
プロの世界はやはり厳しい…!?
"> いよいよ現人登場!!
未知なる映画作りに挑むために、映像のプロから映画作りのいろはと心構えを学びます。
プロの世界はやはり厳しい…!?
"> その道のプロに聴け! – 東京コミュニティスクール

特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール

東京コミュニティスクール

03-5989-1869

school@tokyocs.org

〒164-0001

東京都中野区中野1-62-10

東京コミュニティスクール

その道のプロに聴け!

映画を通じてどんなメッセージを伝えるかがぼんやり見えてきたところで、
今回はプロの方から映画作りのいろはを学びました。

現人としてご協力いただいたのは、高校時代から自主映画の制作経験があり
現在はプロの映像作家として活躍されている石井満さんです。

  「映画は何をやってもいい!とになく自由なものであること」
 
  「怒りを表すために怒った目をアップで撮ったり、鉛筆をへし折る映像を撮ったりすることで
  言葉に頼らなくても映像で伝えることが可能であること」
 
  「企画が決まったら、シナリオを書く前に題材について徹底的に調べ上げるシナリオハン
  ティングという課程が大切であること」

と映画作りのヒントとなるエッセンスをたくさんいただきました。

その道のプロに聴け!_01

一通りのレクチャーが終わったところで、今度は石井さんから
「それでどんな映画を撮ろうと思ってるの?」と問いかけられました。

その道のプロに聴け!_02

プロを目の前にして自分のアイデアを話すのは
なかなか緊張するものです。


今温めているアイデアは、誰もが知っている有名な童話をモチーフにしたものなのですが
あらすじを話し終えたところで、石井さんが一言。
「メッセージが原作を超えてないよね。それだと脚色している意味がないな~。」

それでもただ突き放すだけではなく
「人を笑わそう、見てもらおうとする前に自分が納得できるものであるかが大切だよ。」
「完成した作品を見せてもらうのを楽しみにしているからね。」
と最後には、励みになる言葉をいただきました。

刺激をもらった翌日にはシナリオハンティングの為に図書館に出かけ、題材を徹底的に調べる作業に入りました。

公開日まで残り5週間。
次週はシナリオ作りに取りかかります!!

AU

TCS2009年度探究テーマ一覧は、こちらよりご覧ください。

Comments are closed.
アーカイブ