新しいテーマは「ありがとうにありがとう」 自分の生活がどれだけ誰かや何かのお世話になっているか、 自分の生活はたくさんの「ありがとう」に囲まれているということ に意識的になって欲しい。そんなテーマです。
" /> 新しいテーマは「ありがとうにありがとう」 自分の生活がどれだけ誰かや何かのお世話になっているか、 自分の生活はたくさんの「ありがとう」に囲まれているということ に意識的になって欲しい。そんなテーマです。
"> 新しいテーマは「ありがとうにありがとう」 自分の生活がどれだけ誰かや何かのお世話になっているか、 自分の生活はたくさんの「ありがとう」に囲まれているということ に意識的になって欲しい。そんなテーマです。
"> 気付かなかった自分の生活 – 東京コミュニティスクール

特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール

東京コミュニティスクール

03-5989-1869

school@tokyocs.org

〒164-0001

東京都中野区中野1-62-10

東京コミュニティスクール

気付かなかった自分の生活

新しいテーマは「ありがとうにありがとう」
自分の生活がどれだけ誰かや何かのお世話になっているか、
自分の生活はたくさんの「ありがとう」に囲まれているということ
に意識的になって欲しい。そんなテーマです。
普段から、みんなで声を掛け合って、「ありがとう」「ごめんね」などを
お互いにためらいなく言えるように気をつけています。
スクールの中ではだんだん習慣化してきてはいるのですが、ちょっと待って!
家族など周りの人たちに「ありがとう」を伝えられているでしょうか?
1,2年生たちにとって家族など周りの人達にしてもらっていることは
「有り難い」ではなくて、「当たり前」になってしまっていることが多いのです。
無意識の領域です。
だから、それを意識化するために、まずは自分の生活を振り返ってみよう!
気付かなかった自分の生活_01と、いうことで朝起きてから夜寝るまでの生活を、
一人ひとり思い出しながら発表し、
スタッフはそれぞれの子ごとに
ホワイトボードに書き出していきます。
これだけでも、
ちゃんと思い出そうとしたら大変な作業。
自分の生活を、大まかにしか意識していない子もいますが、
今回は細かく思い出すことが重要なのです。


そこで、役割分担をして、一日の生活を細かく再現してみることに!
「朝ごはんを食べる」
「お父さんはボクがご飯食べてる頃出かけていく」
「はい、お父さん役の人出かける、お母さん役の人お見送り、
 ボクは朝ごはんを食べる。」
いよいよボクのお出かけ。
「お母さんと一緒に出かける。」
そしてお母さん役の人と一緒に出かけます。
気付かなかった自分の生活_02  気付かなかった自分の生活_03  
こんな風にして、やっと細かくそれぞれの子が自分の生活を意識化していきました。
さあ、ここにどんな人たちがどんな風にかかわっているのでしょうか?

YT

TCS2009年度探究テーマ一覧は、こちらよりご覧ください。

Comments are closed.
アーカイブ