専門家に聞くのが一番、ということで栄養士さんを訪ねました。食べたものが、体の中で消化され栄養として吸収されることなど、いろいろな話が伺えました。体と栄養について探るための良い足ががりとなりそうです。
[3年生] " /> 専門家に聞くのが一番、ということで栄養士さんを訪ねました。食べたものが、体の中で消化され栄養として吸収されることなど、いろいろな話が伺えました。体と栄養について探るための良い足ががりとなりそうです。
[3年生] "> 専門家に聞くのが一番、ということで栄養士さんを訪ねました。食べたものが、体の中で消化され栄養として吸収されることなど、いろいろな話が伺えました。体と栄養について探るための良い足ががりとなりそうです。
[3年生] "> 栄養士さんに訊いてみよう。 – 東京コミュニティスクール

特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール

東京コミュニティスクール

03-5989-1869

school@tokyocs.org

〒164-0001

東京都中野区中野1-62-10

東京コミュニティスクール

栄養士さんに訊いてみよう。

[3年生]
PT350067.JPG
2週目に入りました。
今週は外出の予定があります。
スクールの給食を作ってくれている救世軍を訪ね、
栄養士さんに話を伺ってきます。
その前に、週末の食事の記録をチェック。
「これで大丈夫?」
「結構しっかりできてるね。」
と記録シートに目を通す。
少しずつ記録することに慣れてきている様子。
それから、外出に向けての下準備に入りました。
先方には、子供のインタビューを先にして、
その後で、説明を加えていただく
という段取りでお願いしてあります。
そこで、質問の内容を考えておかなければなりません。
「何て訊けばいい?」
となかなかいいアイデアが浮かばない様子。
きっかけになればと思い、
料理・メニュー、食材についての説明を
軽く行ってみるも、あまり効果なく、生みの苦しみといった状態。
最終的には宿題になりました。

いよいよ、外出当日。
待ち合わせ場所は、救世軍ブース記念病院の
敷地内にあるカフェテリア。
少し早めに着き、15分ほど待つと
約束の時間に、女性の栄養士さんが到着。
挨拶をして、いよいよインタビューの開始。
PT350066.JPG PT350068.JPG
子供たちが事前に用意した質問は、全部で九つ。
「食べたものはどうなるのですか?」
と、緊張しながら最初の質問。
恥ずかしさからか、相手の顔を見ずに
訊き始めたので、
「ちゃんと正面を向いてインタビューしないと。」
と、こちらから一言注意。
しだいに正対して話ができるようになりました。
「どうなると思う?」
と、最初の質問を先方に問い返され、
「胃で消化される。」
と一人の子が答える。
「その後は?」
という問いには
「・・・」
と返答につまる。
すると栄養士さんは、
「胃で消化されると、腸へ運ばれて吸収されるの。」
と説明し、さらに
「では、吸収されるのは何かな?」
と問いかける。
「栄養?」
「そう、栄養だね。」
PT350070.JPG PT350071.JPG
今回担当していただいた栄養士さんは
子供向けに話をした経験もあるようで、
分かりやすく上手に説明を進めてくれる。
PT350074.JPG PT350076.JPG
その後、栄養・栄養素についての話を中心に、
栄養士さん達の食生活、お菓子や給食のことなど、
さまざまな質問に応えていただきました。
最後に、病院食やスタッフさん用の食事を作る
厨房の見学をさせてもらいました。
帰りがけ、日頃私たちも利用することの減った八百屋さんを見つけ、
お店の方にお願いし、写真を撮りました。
PT350079.JPG PT350086.JPG
翌日の授業は、インタビューのことを中心に振り返りを行い、
「食事の記録を、グループ別に色分けしてみない?」
と提案したところで終わりました。
来週は、栄養素についての調べを進めます。

TY

TCS2010年度探究テーマ一覧は、こちらよりご覧ください。

Comments are closed.
アーカイブ