特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール

東京コミュニティスクール

03-5989-1869

school@tokyocs.org

〒164-0001

東京都中野区中野1-62-10

東京コミュニティスクール

創立者より

創立者からのメッセージ

私たち大人は、将来を担う子どもたちに何を残すことができるでしょうか?土地やお金といった、形のある資産を残すこともできるでしょう。知識や科学技術など、形のない資産を残すこともできるでしょう。「お金」は使い方によってはお金以上の価値を生み出すことができますが、使い方を間違えば、何の価値も生み出さないまま一瞬にして消えてしまうかもしれない。科学技術でも、アルフレッド・ノーベルによって発明されたダイナマイトは工事現場での岩盤の破壊などで、作業の大幅な効率化を果たす一方で、戦争では武器として使われ、多くの人の命を奪うことになってしまいました。使い方によっては、プラスにもマイナスにも働くのが資産なのです。

その資産を正しく活用し、新たな資産を生み出すのは「人」なのです。

私たちの生活を幸せにして、私たちの社会を豊かにして、私たちの地球を大切にして、私たちの未来を明るくする。それをできるのは「人」だけなのです。私たちが生きている時代を、私たちの子孫が生きる時代を、より良くしていくことができるのは「人」だけなのです。

そのために「人」は何をしなくてはならないか?私は「学ぶこと」だと考えています。「人」は生まれながらにして、学ぶ力があります。しかし、その学ぶ力は、時代や環境の変化の中で、現在も将来もレベルアップしていく必要があります。そのレベルアップをサポートするのが教育です。

しかし、その教育も、時代や環境の変化の中で、現在も未来もレベルアップしていく必要があります。

知識を蓄積させるだけの教育であれば、そこで学んだ次代の担い手は、優秀な記憶媒体と、有能な検索エンジンによって、あっという間に凌駕されてしまうことでしょう。技術を身につけるだけの教育であれば、そこで学んだ次代の担い手は、物価の安い国に仕事を奪われ、お金持ちの国に仕事をさせられ、あっという間に誇りを失うことになるでしょう。情報を処理するだけの教育であれば、そこで学んだ次代の担い手は、偽りの情報に翻弄され、情報の欠落に立ち尽し、あっという間に機能不全になることでしょう。

私たち大人は現在そして将来のために、『習得した知識や技術に安住することなく、知識や技術を更新していく力』 『情報の波に溺れず、情報を自らが獲得し、情報の本質を見極め、情報を主体的に発信していく力』 『自らを囲む矮小な枠に囚われることなく、多様な価値観を持った人々とコミュニケーションをとりながら、新たな価値を創造する力』を育まなくてはならないのです。

さらに、それらを強く優しく正しく実行し続けるために必要な、しなやかなココロとカラダを、次代の担い手が獲得できるように、私たち自身が「人」として「教育者」として、レベルアップしていかなくてはならないのです。

「教育は人なり」

私たちコミュニティが一丸となって、子どもたちに、かけがえのない資産を残していきましょう。

特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール
創立者・理事長 久保 一之