特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール

東京コミュニティスクール

03-5989-1869

school@tokyocs.org

〒164-0001

東京都中野区中野1-62-10

東京コミュニティスクール

「東京発見伝」テーマ概要/Introduction

【学年】3年生 【探究領域】時空因縁 
【セントラルアイディア】歴史の痕跡の発見は、時代の変化を洞察する旅に私たちを導く。
——
<テーマ概要> 
 散歩をしていれば何気なく出くわす道祖神、お地蔵様。6車線もある幹線道路から、人が一人通るのも窮屈な細道。アップダウンと地形を表す地名。土地に刻まれた歴史を紐解いていくには、歴史書を開くよりも、その地を踏みしめ、「歴史の痕跡」をキャッチすることこそが緒となります。
 「東京は裏庭に遺跡がある。」とまで文化人類学者に言わせるほどに、「古」と「新」が積み重なる街。東京は現在進行形で変化し続けています。
 東京でも随意一、変化の著しい「築地ー豊洲」を中心とした「江戸湊」エリアはどうでしょうか?江戸時代の埋立と港としての機能から、高度成長期に日本を支え、現代では高層マンションが立ち並び、さらに近未来の2020年のオリンピックの中心地へと開かれています。そんな「江戸湊」エリアを歩きつくして「歴史の痕跡」を発見することができたなら、そこに隠された時代の変化を垣間見ることができるはずです。
 歴史の痕跡はいたるところに埋もれています。ほら、あなたのお家の裏にも、歴史の痕跡はあるかもしれませんよ。

——
<Introduction>
 今回のテーマ学習では「歴史の痕跡」を見つけ出し、「時代の変化」を感じ取ります。
 舞台は「江戸湊エリア」現在の築地周辺の地域で、江戸時代に築かれた場所。2020年に向けて最もホットな場所である、「築地〜佃島〜晴海〜豊洲」の四つの地域を巡り、東京に隠された歴史を目の当たりにすることでしょう。

Comments are closed.
アーカイブ